永遠のヴィトンはファッションのリーダー

ファッションアイテムとしてのヴィトンの製品について 永遠の人気を集めるヴィトンはいつでも何処でも定着して安心して使えます。以前オリジナルのスタイルを貫いたこの老舗もタイタニックの沈没の時にも壊れることなく海で発見されたと聞いた事があります。ニセモノも沢山出回るけどやっぱり違いがあります。マークのずれが無いし、10年以上使用してもきちんと使えますよね。やっぱり金額も高いけどそれだけの価値が絶対にあるファッションブランドです。
私が初めてヴィトンのパリ本店に行ったのは15年前で思ったほど大きくは無くこじんまりとした店舗でした。
会社の仕事の合間に社長と上司3人と一緒に行ったのです。
そこで知人が持っていたヴィトンの計算機が目に入りました。
前々から見ていたんですがカワイイ。小さくて名刺入れみたいで、欲しいと思いました。

社長は大きなボストンバックとゴルフバックを購入しようとマーク入りではない無地のエピタイプを購入。確かブラックだったと思います。上司達もかなり購入して私はショルダーバックと計算機とゴルフボールケースを購入しました。
そのゴルフボールケースは丸い筒タイプで可愛いんです。
それをコスメバックに使用しています。カバンの中から丸い筒が出てくると友達はええーそんなデザインあったけ?これ、ゴルフボールケースよ。結構受けますよ。15年経ってもまだまだ綺麗です。
扱いがいいのでしょうか?その時全商品を私のクレジットカードで購入したのでフリータックスだったのでお小遣いができました。
計算してお渡ししますと言ったらそんなの要らないよ自分で使いなさいと、いい上司でしょう。
楽しいパリ出張でのショッピングでした。
Copyright (C)2022ファッションアイテムとしてのヴィトンの製品について.All rights reserved.